FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AUG line+pt(オーグラインプラチナ)dockケーブル製作①

ipod用dockケーブルを製作します
今回はAUG line+pt(オーグラインプラチナ)で製作します

dock4010-start.jpg
・ドックコネクタ スリムタイプ 黒

aug-pt0512.jpg
・線材 オーグライン+pt 0.4㎜

handa0512.jpg
・ハンダ プラチナゴールドニッカス101

noit0512.jpg
・ステレオミニプラグ ノイトリックNYS231BG

製作に入ります
dock0512-03.jpg
dockピンを数本抜き取り

pin0512.jpg
オーグラインをハンダ付け
細めの熱圧縮チューブで各ラインを絶縁
ホットボンドで仮止め

tehuro0512.jpg
テフロンチューブをオーグラインに被せ補強

dock0512-04.jpg
さらに熱圧縮チューブにて結束
コネクタとラインが接触する部分を補強します

dock0512-05.jpg
テスト後、ホットボンドで絶縁と保護

dock0512-06.jpg
はみ出た部分をナイフで整形

dock0512-07.jpg
フレーム部分の組み立て

plug0512-01.jpg
ラインの編み込み
プラグ側のハンダ付け

plug0512-02.jpg
ホットボンドで絶縁、補強

plug0512-03.jpg
はみ出た部分をナイフで整形
熱圧縮チューブで絶縁と補強

test0512.jpg
dock部組み立て
ipod実機にて繰り返しテスト

kansei0512-01.jpg
熱圧縮チューブをプラグに被せ
完成

gomu0508.jpg
ipodmini0508.jpg
オマケ的なものですが、ipodとポータブルアンプを結束する
透明ゴムバンドを2本お付けします(幅2㎜、折径40㎜)

hikaku0512.jpg
ノーマルオーグラインのケーブルと聴き比べてみました。
他のインプレッションでも言われていましたが、
際立つのは解像度です。
どの楽器がどの位置で鳴っているのかがハッキリと立ち上がってきます。
音の粒立ちが強く感じられ、曲の良い録音悪い録音の差が見えてきます。
クラッシックに合うと言われる理由がわかる気がします。

一方でその解像度ゆえに聴き疲れする場合があるかもしれません。
ノーマルオーグラインよりもイヤホンやアンプのマッチングに
気を使いたくなる。そんなケーブルです。

kansei0512-02.jpg
オークションに出品中です
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

sobau

Author:sobau
ipod用のdockケーブルを製作しております。
ハンダ付けで偏頭痛

管理人への連絡

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。