FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GO-DAP XはiPodデジタル出力のディファクトスタンダードになりえるか

go-dap-x.jpg
ヘッドホン祭2012で試作品が発表され、ipodユーザーの期待を集めている
Go-Dap Xについて

・ベンチャークラフト
・インプレス
・head-fi





これまではiphone専用のジャケット兼バッテリー兼アンプ
という位置づけだったGo-Dapでしたが
ユーザーの要望に応えてジャケット無しのモデルとしてGo-Dap Xが発表されました。

ipodのデジタル出力を取り出すポータブル機器としては
AlgoRhythm Solo
HP-P1
の実質2種類であり、ヘッドホン祭でもこれらのポータブルセットを多く見かける様になりました。

Go-Dap Xもジャケットという足かせが無くなったことによりdock経由でipodデジタル出力を取り出せる
第三の選択肢として期待されています。


メリット
・価格 まだ確定はしておりませんが3万円台後半になるとのことです
     前出の2機種が5~6万円台と考えるとこの価格は魅力的です
・光出力のデジタルアウト 光入力のあるポータブルアンプであれば、デジタルで取り出した音を
                  そのままアンプに出力することが可能です(PMA D12等)
                  光経由のデジタル出力だと駆動時間は5~6時間程度とのことです

デメリット
・ラインアウトが無い ミニジャックはGo-Dap Xのアンプ経由の音となるために
              ラインアウトを使用するポータブルアンプの3段重ね等の使用ができません
・ホワイトノイズ   ホワイトノイズが若干あるとのこと

6/4のeイヤtvにてメーカーの方を呼んでユースト放送をしていましたが、
DACとしての機能は、PCや据え置き機器との連携がメインであり
ポータブルとしてはGo-Dap Xで完結させたいというニュアンスを感じました
放送内でもラインアウトについての希望は何件か出ていた様です

6/22(金)にeイヤホン秋葉原にて試作品の試聴が可能とのことです
また7/15,7/16の2日間は製品版の試聴が可能な様です

発売は8月を予定













スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

sobau

Author:sobau
ipod用のdockケーブルを製作しております。
ハンダ付けで偏頭痛

管理人への連絡

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。